みやざき釜炒り茶「釜王」

管内の「生産量・日本一」を誇る釜炒り茶が、

新たに宮崎県のオリジナルブランド

みやざき釜炒り茶釜王

として認定を受けました。

 

その「釜王」に、JA高千穂地区・直販が

自信を持ってお届けする釜炒り茶

」・「

が厳しい審査を受け、見事認定を受けました。

この一品を、ぜひお楽しみください。

高千穂 釜炒り茶

1.釜炒り茶の歴史について

 釜炒り茶の歴史は、蒸し製の煎茶よりも古く、15世紀前後に中国から日本に伝わったといわれ、九州の一部の地域でしか製造されておらず、とても貴重なお茶です。

 高千穂町をはじめ五ヶ瀬町、日之影町で構成する宮崎県西臼杵郡では、年間約200トンが生産され、日本一の生産量を誇っています。

 神話と伝説が数多く残る「高千穂」では、古来から伝わる「釜炒り茶」を大切に作り続けています。

 

2.どうやって作るの?

 「煎茶」は、蒸して作りますが、「釜炒り茶」は、その名のとおり釜で炒って作ります。

 昔は、生の茶葉を400度位に熱した大釜で炒り、ゴザの上に取り出して手で丁寧に揉み竹籠の上に茶をちりばめて、下から炭火の熱でゆっくりと乾燥させます。その後、また釜の上で炒りながら香り高いお茶を作っていたのです。

 現在は、機械を使って製造されていますが、昔ながらの香りと味は守っています。

 

3.釜炒り茶の特徴は?

 水色はきれいな黄金色で、澄んでいます。香りは、「釜香」と呼ばれる香ばしいすっきりした香りがします。味はまろやかで、喉を通ると胸がすくような爽やかさがあります。

 どこか「懐かしさ」を感じさせてくれる味と香りがするお茶です。